Adsense

2007年5月20日日曜日

[日産SIM] XTRONIC CVT AVASPHERE

再度、米国日産のまわしものじゃないですが、、、Nissan Altima Scriptyard にあるアイテムの紹介シリーズ第2弾になります。(笑

今回は XTRONIC CVT AVASPHERE です。

NissanCVT3s
上の説明の部分をクリックすると完成品がインベントリに入ります。ソースは別のところです。

さてさて、、、今回のアイテムの説明はどんなものかというと、、、

[引用]
XTRONIC CVT AVASPHERE
The Xtronic CVT(TM) Avasphere, borrows technology from theNissan Altima Xtronic CVT(TM)* to bring the smooth ride of a virtually "gearless" transmission into your second life. Powered by you, the Avasphere rides like a million bucks and corners on a dime. And like the Altima, it's always ready to roll.
In Real Life, the Xtronic CVT(TM) is the virtually gearless transmission available in the Nissan Altima, which keeps the engine running at optimal RPM for instant power and maximum response.
[/引用]
なるほどー、前回に引き続き、実際の Altima に装備されている技術・テクノロジを、こういった形で紹介するわけね。
ということで問答不要の超意訳は以下~(笑
The Xtronic CVT(TM) Avasphere は、セカンドライフの中でほとんどギアチェンジなしのスムーズな乗り心地を提供するために、日産のアルティマ Xtronic CVT(TM) の技術を取り入れました。(笑) Avasphere は高級感あふれる乗り心地ながら小回りがききます。まるで アルティマのように、準備万全です。 (転がる(roll)タイヤの形状と、準備OK の ready to roll をかけてるのかな)
リアルライフでは、the Xtronic CVT はほとんどギアチェンジを感じさせないトランスミッションでアルティマに装備されていて、瞬発パワーと最高のレスポンスのため、最適化されたエンジン回転でエンジンの回転状態をキープしています。
[/意訳]
そのスムーズな乗り心地を試してみました。(笑
インベントリの [NISSAN] Xtronic CVT(TM) Avasphere フォルダがあるので、そこからフォルダと同名で最後に (Rez Me) と書いてあるオブジェクトを Rez (インベントリからドラックアンドドロップで地面上にドロップする)します。
NissanCVT5
右クリックでパイメニューを出して、Ride をクリックします。
NissanCVT6
AO(アニメーションオーバーライド)の許可を求めるダイアログにYESと答えると、音とか、アニメーションとか、結構凝っているんじゃない?でも、、これ、一生懸命「足でこぐ」乗り物?(笑
NissanCVT7
たしかに、、スムースでカクカクしないけど、、、酔う~(笑
運転席はこんな感じ。
NissanCVT9
この Xtronics Avasphere のソースおよび部品オブジェクトは、4つのオブジェクト(テクスチャボックス含む)、5つのアニメーション、1つのスクリプト、1つのサウンドから構成されています。
NissanCVT10
テクスチャの貼られていない素材と完成品を比較しながら、、、、楽しめるわけですね。
NissanCVT11
完成品に近いところまで組み立てるとなると、、、なかなか手応えありますね。(私は未完 笑