Adsense

2018年12月27日木曜日

Animesh - メッシュ人形にダンスを踊らせる

もしかしたら、2018年は Animesh の正式採用が最もインパクトが大きかったのかもしれません。そのくらい、2018年のLindenのまとめブログを見ていて驚きました!
Rigged Mesh オブジェクトを作った経験と創作物があって、かつスクリプトを使ったアニメーション操作のプログラムが書けるなら、Animesh はすぐに作ることができるでしょう。

とはいっても、Rigged Meshを作ることも、アニメーションスクリプトどちらもハードルが高いですよね。。。

Animesh とは、Rigged Mesh のオブジェクトに対して、アバターのようにスクリプトを使ってアニメーションを適用し踊らせている Mesh オブジェクトのことです。


幸いにして、このブログの過去の投稿を見て頂ければわかると思いますが、たまたま過去の私の Secondlife の中の興味の対象が Rigged Mesh であったり、スクリプトによるダンスコントロールだったので、Animesh の存在を知ってすぐに以下を作成することができました。


Rigged Meshは「アバター」(着ぐるみ)として作成していました。顔や体、装備など複数のパーツで構成されているものを全部「リンク」し1つにして、リンクのルートオブジェクトに対して、「アニメーションメッシュ」のチェックボックスをオンにするだけで、Animesh オブジェクトとしての準備は完了、あとはスクリプトを作成するだけです。

スクリプトも通常のアバターに対するアニメーション操作ではないので、アバターの動きを制御する許可を得るパーミッション処理が無い分、簡単かもしれません。

Animesh のための特別な関数は以下の3つです。

llStartObjectAnimation - llStartAnimation に相当
llStopObjectAnimation - llStopAnimation に相当
llGetObjectAnimationNames - llGetAnimationListに相当

パーミッションがいらない分、スクリプトそのものを踊らせるオブジェクト(お人形)の中に入れる必要があります。アニメーションファイルもお人形の中にいれて使ったほうが楽です。
多くのスクリプトサンプルは Touch イベントで操作するものですが、Touch イベント限定ではないので、llListen と listen イベントを使ったりすることもできます。(つまり、タッチせずに動かすことができます)

あと、単独のNPC(ノンプレイヤーキャラクター)としてだけでなく、自分に装着してアニメーションを適用させることができます。たぶん、ペットのオブジェクトなどを Rigged mesh で作成して、アニメーション適用することで、自分について来たり、肩に乗せているペットオブジェクトの動きをよりリッチにすることができますね。(ばけもの屋の conjoh さんあたり、すでにやっていそう、というか、やっぱりやっていたw)

Animesh ミクさんを自分に装着して位置調整したら、おおよそジョジョのスタンド、、、

CONJOHさんもブログに書いていましたが、本当に良いアップデートをありがとう、Linden。2019年も、まだまだ楽しめそうです。

2018年12月23日日曜日

2018年5月6日日曜日

アプデのCATWAヘッドにアプライヤ―を再適用する

CATWA/CatyaのV3.2アプデのお知らせがありました。

CATWA / BENTO HEAD UPDATES LOG
http://www.catwa-clip.com/?p=1012

アプデのヘッドを付けると、元の素の状態に戻ってしまいます。
みんなどうやってアプライヤ―の管理してる? というか、どのアプライヤ―使ったか記録残してないし、、、で、過去投稿のFlickrやブログから、たぶん使っただろうアプライヤ―を割り出しましたが、、、そのアプライヤ―の中のどのオプションを使ったのか怪しい的な、だめだめなループに陥りました。

みんなどうやっているんだろう?と不思議に思い、調べてみたら、CATWA の Master HUDに、アプライヤ―再適用のための機能が含まれていました。これ、とても簡単!
ということで動画作ってみました~。


この方法だと、アプデ版への入れ替えも楽ですね。
とはいえ、どのアプデを使ったかは別途管理しないと。。。!

私も知りませんでしたが、意外にお友達も知らなかったので、参考になれば。

2018年3月26日月曜日

CATWA/Catya Bento Headのカスタマイズ

Mesh Bento HeadはCATWAさんのCatya。
ShapeはMaitreyaのLaraをベースにShapeスライダーでカスタマイズしています。
HairはDuraのB&G*73 Dark Brownです。
以下3枚のSS撮影場所は Essences SIM です。SIM全体がよく計画された素敵な街並みです。
At Essences

EssencesにあるHead AccessoryのSHOPにて。
*LOAD* Head Accessary - Forest Beauty[orange frog]

これも。
*LODE* Head Accessory - Balts [moss]

そしてHairをARGRACEさんのKIRI[A]に変えたら、またっく雰囲気が変わって、それに加えてLipとEye Shadowを::Odeco::さんのApplierを使ってメーキャップ。
Catya, ARGRACE and Odeco

動画をとってみた。

まだまだ楽しめそうですね。

2018年2月18日日曜日

メッシュヘッド事情

LAQさんからも Mesh Head が出ていたようです。


Bento Mesh Head になってからは、Shape調整で顔の形の調整の自由度が増し、Shape調整+Skin(化粧)次第でかなり印象が相当変わります。
10年越えの積み重ね(ユーザー製作によるコンテンツの蓄積と進化、と言い換えることができると思います)はすごいと思うのです。今では知る人ぞ知るですが、最近また話題になってきている VR 関連の(これから進化するだろう、primitive な)コンテンツをみると、ちょっと複雑な感情になります。

以下、LAQさんのFlickrより。
LAQ Violet skin (and LAQ head)
Violet

LAQ Rina skin and LAQ head
Rina

LAQ Mia skin and LAQ head
Mia, Blush, Drops

LAQ Vivien and LAQ bento head
Vivien

また、Mesh Headの顔の表情の表現力も大きく進化し続けています。以下のビデオは CATWA 3.0 の facial expression - animation の解説ビデオです。


これらのコンテンツを使った空間を複数のユーザーと同じ時間、同じスペースで共有できるってすごいと思うのです。たしかに10人、20人と増えていくとだんだん辛くなるのですが、リアルタイムに共有できるんですよね。そこはまさに「リアル」で100人とかのキャパシティは必要ないんですよね。(人が多すぎるパーティーだと、会話できないように)

やっぱり、たまにはチェックしないと。Secondlife。

ということで、ARGRACEさんの新作(Arare) Hair でパチリ。
At Santa Maria dell'sola di Tropea

2018年1月5日金曜日

A Happy New Year

A Happy New Year~
すっかりご無沙汰ですが、今年もよろしくお願いいたします。
元祖バーチャルワールドでCGMな世界ですからね。今でもチェックしています。
 2018 - A Happy New Year