Adsense

2007年4月12日木曜日

家計簿つけてますか?

SHOP 経営の方にとっては当たり前のことだと思いますが、個人でもお金のやりとり・買い物の記録は重要ですね。
いつ、どんなものを、いくらで買ったか = 家計簿みたいなものです。

この家計簿の仕組みは Secondlife.com の My Account で提供されていることを、しばらくしてから気がつきました。(^^;
secondlife.com のホームページの右上にある "Resident Login" もしくは Login していれば "My Account" から、account の index 画面を開きます。その右サイドのメニューに Transactions History があります。

pic

この "Transactions History" では、お買い物 (Object Sales), お小遣い (Stipend Base), L$換金 (Currency Exchange) 、日付、支払い相手、、はもちろんですが、お友達とのアイテムの受け渡し (Give Inventory) も記録されています。

たまに、「このアイテム、、、だれから???」と、いただいた AV/Friend の名前を思い出せないときがありませんか?
アイテムを Edit (編集) で General (一般) タブの情報を見ても、Owner は自分になっていますし、Creator は本当にそのアイテムを「最初に作った人」なので、いただいた方ではない、、、

そんなときにも、この Transactions History には "Give Inventory" のトランザクション Type として、どなたからもらったのかが記録されています。自分があげた場合は "Debit" に 0 が入って、いただいた場合は "Credit" に 0 が入ります。To/From に相手の名前が入っています。

自分のアイテムを他の人にあげたりするときに気をつけなければならないのが、この Transactions History にはアイテムの名前ではなく Description が入ります。なので、Object Name だけでなく、Description にもアイテムの内容が書かれていないと、いつ、だれにいただいた、さしあげた、はわかっても、「何を???」となります。(^^;

この Give Inventory のやりとりを表示させたくない場合は、From Date の横の [Include $L0 transactions?] のチェックをはずしてください。
この家計簿は1ヶ月間のデータのみ表示されます。でも、Excel や XML 形式のファイルで PC にダウンロードすることができますから、月に一度はこのデータをダウンロードしておくといいですね。

では、、、、私の家計簿を公開、、、とおもったのですが、やめておきます。(^^;
ある方から「薄いのにシャープなお化粧」の Skin が売っている Shop を紹介されて、衝動買いしてしまった、、、のがしっかりと記録されていますから。笑