Adsense

2007年9月2日日曜日

カメラ制限解除(笑

Torley Linden さんはとても有名な Linden 社員ですが、昨日お友達から聞いてあらためて Official blog の「Torley の今週の小技」(勝手訳w)をチェックしました。

先週の「タイピングアニメーションを消す」小技は見ていたのですが、あれって、チャットキーボートがきかなくなるので、、、なるほど、でも使えない、、、なんて思っていたんです。(チャットキーボートについてはこちら。アニメーションをトリガーにしてチャットキーボードを出しているから、、、)

今週はカメラコントロールまわりの小技集で、これ、動画撮影では知っておくとよい設定ですね。

YouTube の動画を見てもらえればだいたい雰囲気はわかると思いますが、簡単にまとめると、

1) Ctrl+Alt+D(Windows), Opt-Ctrl+D(Mac) でデバックモードにします
2) Menu バーの [help(ヘルプ)] の横に [Client] メニューが表示されます。
3) [Client] メニューから Disable Camera Constraints をクリックしてチェックします。

これで、カメラの制限が解除、、、という意味になり、今までより、さらに近くにズーミングすることができます。グラフィック、PCによってはスムーズにカメラが動くようになった、、、という方もいらっしゃいました。
Alt+, Alt+Ctrl, Alt+Ctrl+Shift のコンピネーションによるカメラコントロールについては、ご存知とは思いますが、以前のエントリも参考にしてみてください。

で、AGC (Asuka Grand Cross) は複数 SIM を使ってイベントをやることが多いのですが、この設定は、、、かなり強力です。実は SIM のパフォーマンス/負荷から考えるとあまり良くないと思われるのですが、となりの SIM からほとんどのエリアを見学することができます。
どのくらい変わるかは以下の画像が参考になると思います。
Disable Camera Constraints (以下、DCC) がオフの状態のある位置からの画像です。
image
この状態で、ALT+CTRL+SHIFT で下に視点を移動させると、地面でぶつかり、当たり前のようにそれより下にはいきません。
image
ここで、DCC をチェックして、再度、ALT+CTRL+SHIFT で下方向に動かすと、、、、地面をつきぬけます!
image
ここで、Preferences の Draw Distance を最大の 512m にします。ただし、この値、ビデオメモリーなどのサイズによっては、大きくすることで著しくパフォーマンスが落ちますし、SIM への影響も大きいみたいなので、通常は 100m 前後が望ましいといわれています。
その状態でカメラワークで「引き」ます。その画像が以下。
image
mini-map からわかるように私はとなりの SIM の ASUKA のほぼ中央にいますが、視点は朱雀のトンネル付近にあって、ASUKA 方向を見ています。
でも、、、まだまだいけますw それが以下。
image
ほぼ、となりの SIM のはじから見ている感じですよね。
Disable Camera Constraints... 適切に使いこなしてください。(笑