Adsense

2007年8月2日木曜日

SIM 動画設定考察

前のエントリの「動画再生あれこれ」で、タッチイベント内で設定したムービーの URL は、クライアントの設定を変えるだけ、、、というエントリをしました(追記 2007/10/14:この記述は間違いでした。スクリプト llParcelMediaCommandList の、PERCEL_MEDIA_COMMAND_AGENT において、タッチした Avatar の Key を取得して、その Avatar だけにメディアコマンドを投げているからでした。タッチという Detect 系イベントがきっかけであったことは正しいのですが、正確ではありませんでした。大変失礼しました。)

LSL 関連のドキュメント、、、うーん、この挙動が正しいかどうかの判断ができるものを探しだしていないのですが、これ、、、よくよく考えると、この動きのほうが使い勝手あるかも。

About Land の設定項目「Media Texture」になんらかの URL を仕込んでいたら、、、、そのパーセルに入った瞬間に Movies タブがクライアントに表示されますよね。

そこに重ーい動画なんかを仕込んでいたら、、、再生ボタンおしたら、画像ないのにダウンロード始まって、アバターの動きとまりますよね。これって、、、考えてみればとても迷惑。

QuickTime が読めるもの、、たとえば PNG の画像ファイルなんかをここに仕込んでおいて、、、だったら、そのパーセルに入ってきたら、動画画面の近くにいない人にも、Movieタブが現れて、パーセル内に Movie があることをお知らせできるし、その再生ボタンおしてもご迷惑かけなくてすみますよね。

PNGファイルがある URL をくみこんでいるパーセルで再生ボタンを押したとき。
image

で、上の写真でわかるように、動画再生オブジェクトの下のほうとかに、それぞれの動画URLを組み込んで、Touch で個別の.mov や .mp4 を再生するようにしておけば、、、いいわけ。
前回のエントリでご紹介したオブジェクトの Notecard に1つのURLしか書かず、ボタンの部分に内容がわかる画像やテキストなんかを貼り付けておけばいい、、、
これの良いところは、ボタンをタッチすれば、Movieのタブをさわってなくても動画再生されること。
それに、、、、他の人は、自分の好きな動画を見ることができること、、、です。
image
おともだちははトランスフォーマー。
image
私はオーシャンズ13。
image
これ、、、普通でしょう。
てか、こっちのほうが使い勝手よいw
でも、、、そうなると、この前書いた「ダイアログにしてボタン操作で URL 変更」っていうほうが、、、よっぽど挙動おかしい。。。。
image
オブジェクトのオーナーがパーセル/ランドオーナーである条件がありますが、ボタン操作はまったく権限のない人も、そのオブジェクトを通してできます。
で、、、、About Land の Media Texture の URL が書き換わった瞬間、、、、他の人が見ている動画もすべて STOP, URL 変更, 再生、、、となります。
次々と複数の人がこのダイアログ表示して、実際にMedia TextureのURLを書き換えると、、収拾つきませんね。
これ、、、動きとしては期待したくないかもw
このあたり、、、詳しく書いているドキュメント、、さらに探してみます、、、
あ、、、ちなみにこのオブジェクト、、、まったくのプライベートな場所にあるので、一般には公開していません。まぁ、、、Appleのサイトのリンク、、、と考えれば、、、問題ないかもしれませんが、、、ねぇ。

[追加]
ただ、ダイアログで URL 書き換え、、、は、みんなで同じ画像・動画を見るときに使えますね~。これだと、みんな同じ動画を同じタイミングでみることになりますねw