Adsense

2007年11月2日金曜日

ムービー変換考察 (1)

ビデオ玉の紹介をしたついで・・・ではありませんが、SL 内で楽しむムービーの作成って、私も試行錯誤の連続でした。

YouTube や SoapBox に投稿するのと違って、QuickTime で再生するために mov ファイル形式の動画を保存しておくインターネットのサーバーを用意しなきゃいけないし(でも、もしかすると .mac が使えるかもしれませんんが.....未確認です) 、ひとことに「mov ファイル」 っていっても、いろいろとあることが後からわかったんです。

最初は普通の mov ファイルQT で再生可能なフォーマットの (MPEG4) をアップしたのですが、これが重くて重くて・・・ 重いというのは、動画ファイルがダウンロード中になると、完全に SL の中のアバターの動きが「カクッ」と止まってしまうわけです。

むぅ、、、これは解像度とかサイズとかを低く・小さくしてファイルサイズを調整しないと無理と思っていたのですが、あるものを見てから「よし、がんばって調べてみよう!」と思ったのです。

それは前にもご紹介した、Apple の HD ムービーサイト (QuickTime HD Gallery) です。

image

基本的に、SecondLife のビューアー(ソフトウェア)は、動画再生のときに QuickTime をアドインとして使っているので、QT にできることは当然のごとくセカンドライフ内でできるはず、、、だと思ったわけです。
まず試しに、、、、と、この HD Gallery や Apple/QT サイトの映画予告(トレーラーといいます) に貼り付けられている mov ファイル再生を指定している URL を書きとめ、SL の Media URL に入れてみました。
映画トレーラーの URL の調べ方は、、、お察しのように、要は HTML のソースの表示で、xxxx.mov というものを探します。
まぁ、、、、新しいもので・・・・ということで、大好きなマット・デイモンの「ボーン・シリーズ」の最新作の「ボーン・アルティメイタム」を例にすると、まずは、トレーラーのページを開きます。
そして、FireFox だと、メニューの [表示] - [ページのソース] を選びます。 IE7 だと、[ページ] - [ソースの表示] です。
で、検索機能なんかを使って 「.mov 」 を検索すると、以下のようになります。
image
ソースには「 http://movies.apple.com/movies/jp/trailers/toho/bourne_ultimatum/bourne_ultimatum_480.mov 」とあるので、これを Land の Media URL に入れてみるわけです。
すると、、、、
あらら、、、ものすごく「軽く」映像が始まるんです。これを見たときに、上述のように「よし、調べよう」と思ったんです。
image
と、、、ちょっと長くなっちゃったので、今日はここまでにして・・・
その後どうしたかを明日以降に書きますね。