Adsense

2009年2月1日日曜日

初期のアバターは恥ずかしい・・・

昨日の ASUKA クラブ雷神ファイナル ダンス ナイトお疲れ様でした。
ひさしぶりに SIM に入れない、SIM のリスタート、何度も落ちる、落ちたら10分以上インできない、、、などなど初期の Second Life でよくあったことを再度経験しました。最新の RC がちょっと「軽く」なったおかげで以前のようにぜんぜんフロアを見ることができない、、、なんてことが無かったのが救いでした。でも、あまりのラグに MLDU からのダンスの招待が数十分待ち、、、というのは申し訳ないことでした。。。

昨日、パーティお開きのあと ビューワー クラッシュでインをあきらめました、、、インワールドで待っていたお友達がいたら本当にごめんなさい。 m(_ _)m

ASUKA というダンスクラブが Togenkyo にあったころから通っていましたが、なんか一区切りついて、新しい era というか、次のステップに移行したような感覚があります。
セカンドライフに生まれて(Rez Day が 2007年の2月)、あと少しで丸2年、、、その間、セカンドライフがすごい、使えない、終わった、などなど世間ではいろいろ言われてきましたが、本人が面白い、と思っていればそれでいいと思っています。たしかにそこで一儲けしようとしていた人にとっては、いままでの一連の流れは「期待はずれ」でしょうけど。
これまで興味の無かったこと(ネットゲーム、3D、 スクリプト、動画、デジタル画像、音楽配信、著作権の考え方、PodCast、などなど)を知ることができました。これも ASUKA / 雷神に通って、いろいろな人とチャットして、いろいろ教えてもらっていたからだと思います。

そんな感傷に浸りながら、昔自分が投稿したブログをみると、、、、初期のころのアバターのスナップって恥ずかしいですねぇ、、、

ということで(!?) ASUKA/クラブ雷神に育っててもらった MY アバターの「軌跡」を・・・(笑
ソラマメのブログの画像一覧から過去にアップした画像をもってきました。

比較的初期のアバターの絵(Togenkyo の ASUKA に行っていた頃だと思う 2007年の3月くらい)
0

今見ると、このくらいのアバターが多かったときに「セカンドライフがすごい」とは・・・・言いすぎですよね、、、。(笑
(あ、もちろん、その時代でもすごい Avatar はいて、参考にさせてもらってましたが、、、でもデフォルトのアバターもひどかったですよね~)

朱雀(SUZAKU) に ASUKA が移って、「クラブ雷神」という名前になったころ、Shop の情報をいろいろな人から教えてもらって、Skin 屋さんめぐりをしはじめました。また、ビューワーの 1.15 くらいから立体感が変わったなぁ、、と思ったのは ASUKA SIM にクラブ雷神が移ったころですね。
そのころ開催された SUZAKU GP のときの絵がこれ。。。ん~、シャドウが入ったけど、眉太い・・・
1
1.15 になって立体感が・・・といっていたころの絵
2
リアルスキン系を買い始めたころ、、、怖い ^^;
3
今も使っているお気に入りの Skin にめぐり合ったころ、、、
スナップショットとはいえ、、、平面っぽいですね。
4
これまでのセカンドライフの中での大きな進化のひとつに WindLight(2007年5月から First Look が出ました) があると思います。この後からどんどんセカンドライフ内での見た目が変わってきたのではないでしょうか。。。
WindLight が出始めたころ、、、(まだベータのころです)
5
Windlight がまだまだだったころ、、、顔の影が・・(Facelight の調整も大変でした、、、)
6
アンリアルが出てきたころ(ある意味、アンリアルって安心、、、)
7
Glow(グロウ) が使えるようになってフロアの照明も結構変わってきたころ
8
自分では作れそうにありませんが、Latex 系のコスチュームや、たぶん Photo をスキャンしてのレザー製品でクオリティの高いものは「立体感」がものすごく出ることに感動しました。
それまで Shape は AGEHA のものを使っていたのですが、昨年末ついに自分で Shape をつくりました。(もちろん、ソラマメのみなさんの記事をいろいろ参考にさせてもらいました。) 整形したね、、、とお友達に言われます(笑 Skin は一緒なんですけどね。
そして、、、2年たって、あの初期アバターがこうなりました。
Texture Magic
前回紹介した方法で、画像編集ソフトでの調整なし、、、です)
まだまだ セカンドライフも、どんな面白いものが次に出てくるのか楽しみです。
見た目も、中身も育ててくれたクラブ雷神に感謝です。ありがとう~。