Adsense

2009年10月12日月曜日

Secondlife でスローなムービーを撮る

Secondlife でムービー撮影して Youtube などで公開、、、ってざんざんしてきたのですが、どうやってよいか、ず~っとわからなかったのが「スローなムービー」でした。

残念ながらノートPCで Secondlife, ムービー撮影と編集をしている私の環境では Fraps の FPS は撮影時では 15 ~ 20 くらいしかでません。これでは動画編集で再生スピードを落としてスローにするとカクカクになるわけです。

他の人の撮影環境がきっと FPS 40 以上でてるのだろう、、、と勝手に思い込んでいたのです。

で、、、今日「あっ、、、」と気が付きました。そうなんです。Debug(Advanced) メニューのどこかで Slow Animation みたいな項目があることを思い出したんです。
(そんなん知ってるよ~の方は笑いとばしてください、、、)

Advanced メニューの [Character] で [Slow Motion Animation] を選ぶとアニメーションがスローになります。その状態で撮影すると 20 FPS 前後でスローなアニメーション シーンを録画することができるわけです。
slowAnimationOption

これ、、、おもしろいですね。アニメーション以外は普通のスピードで動いているんです。
この方法を使って、早速 Studio4D のダンス アニメーションで動画を作成してみました。曲は Yaz さんの名曲 Massive の Massive-in Mix バージョンを使わせていただきました。

スローで撮った部分をスローで使うのはもちろんですが、スローの部分の再生速度を 4.8 倍にして普通のスピードにしてみるとものすごく滑らかに見えます。ある意味、15FPSの4倍ですから 60FPS くらいで撮影したのに近いのかな。

上の動画だと、後ろの青い窓の部分が早くまわっているのが、この早送りモードにしているときです。

まだまだ知らないこといっぱいありますねぇ。

[追記 2009/10]
このスローモーションですが、自分のアバターのアニメーションのみ有効です。なのでチームのスローとかは無理です^^; そこが注意点ですね~。