Adsense

2009年3月16日月曜日

Secondlife Viewer 16:9 のウィンドウ画面設定方法

動画撮影のとき、16:9 の縦横比にビューワーを設定して撮りたいと思いますよね。
ところがデフォルトでは 640x480, 800x600, 720x480(NTSC), 768x576(PAL), 1024x768 といった 4:3 の既定サイズしかありません。ここに 16:9 の設定サイズがあらかじめあったら幸せになるかも、、、と思ったことありませんか?(笑

さっき、ふと思い立ち、おおよそ SL Viewer は xml ファイルでこの手の設定を持っているのでやれるかも、、、と Google 先生に聞いたら、ばっちり教えてくれたし^^;

Google 先生の回答(元ソースは JIRA ですが、このリンクはGoogle のキャッシュです)

ドロップダウンに見事に追加されました。(^^)b

wWindow


メモ帳だと xml ファイルを構造化して表示してくれずつらいので、xml エディタとかスクリプトやっている人なら SciTE エディタで開くと簡単です。(なにそれ、、、の人は、、、ヘタにいぢると動かなくなる恐れありなので、、、手をださないほうが無難かもです)
Windows の場合は、Program Files フォルダに SecondLife、RC なら SecondLifeReleaseCandidate フォルダがあるので、使っているビューワーのフォルダの [skins] - [default] - [xui] を展開して、自分が設定している言語フォルダを開きます。
英語版なら en-us、日本語版なら ja です。[追記] 英語環境の en-us の xml を編集することで 日本語モードでも有効になります。ja はいぢらなくてだいじょうぶ! 
そこに panel_preferences_graphics1.xml という xml ファイルがあるので、それを開き <combo_box> タグで以下の赤字のように 1280x720 を追加し Save してビューワーを立ち上げると完了です。

    <combo_box allow_text_entry="false" bottom="-67" enabled="true" follows="left|top"
         height="18" left="185" max_chars="20" mouse_opaque="true"
         name="windowsize combo" width="150">
        <combo_item type="string" length="1" enabled="true" name="640x480" value="640 x 480">
            640x480
        </combo_item>
        <combo_item type="string" length="1" enabled="true" name="800x600" value="800 x 600">
            800x600
        </combo_item>
        <combo_item type="string" length="1" enabled="true" name="720x480" value="720 x 480">
            720x480 (NTSC)
        </combo_item>
        <combo_item type="string" length="1" enabled="true" name="768x576" value="768 x 576">
            768x576 (PAL)
        </combo_item>
        <combo_item type="string" length="1" enabled="true" name="1024x768" value="1024 x 768">
            1024x768
        </combo_item>
        <combo_item type="string" length="1" enabled="true" name="1280x720" value="1280 x 720">
            1280x720
        </combo_item>
    </combo_box>

この方法は、、、たぶんバージョンあがったりすると消えるかも、、、ですね。
ご自身の責任でカスタマイズしてください。詳しくは JIRA を読んでくださいね。