Adsense

2009年11月15日日曜日

モノクロ加工(まねしてみたけど程遠い)と picnik

フォトのレタッチの話題を以前投稿したことがありますが、この前 bark さんのブログで修正の仕方がシンプルに書かれてあるのをみて、白黒にするにもちょっと手間をかけるとかわるんだぁ、、と思い、いろいろためしてみました。
Advanced Desaturate + Glow
ちなみに・・・胸ですが(笑 Appearance(容姿) での調整サイズは 40 です。LAQ の Cleavage Enhancer の効果がすごいことがわかると思います。

GIMP を使ったり、Paint.NET を使ったりとレタッチ ソフトはきまったものを使っていませんが、最近またお世話になりだしているのが、flickr の編集ツールの picnik です。
上のフォトだと周辺の焼きこみは flickr から picnik を使っています。
picnik のサービスって面白くて、flickr から [Edit Photo] で入って使える効果と、picinik からいって使える効果が若干違うの知ってました?
flickrEditPhoto
[Edit PHOTO] をクリックすると Flickr で picnik サービスによる編集が可能になります。

flickr の picnik を使ってフォトにフレームを入れたい場合、以下のような画面になります。
PicnikInFlickr
Picnik とは Yahoo/flickr とは別の会社がやっているネット上のレタッチ編集サービスなんです。(すごいでしょ。flickr にフォトをアップロードしているのに、編集は違うネット上のサービスを使って、最後に flickr のフォトを上書きして保存できるのですから。。。)
flickr 内の [Edit PHOTO] ボタンではなく、picnik サービスのオリジナルのサイトにいくと以下のようなページが表示されます。
picnik
有料会員になる必要はありませんが、ちょっとした登録と、flickr 側での設定を行うと、無料で本家の picnik サービスから自分の flickr の写真を編集することができるようになります。
picnik2
[picnik.com から flickr の自分の photo stream を開いたところ]
たとえばここで使えるフレームは以下のようになるんですよ。
picnik3
画像だとわかりづらいですが、flickr から picnik を使って無料で利用できるフレーム効果は、
・Border
・Rounded Edges
この2つですが、オリジナルの picnik.com から無料で使えるフレーム効果は
・Border
・Rounded Edges
・Drop Shadow
・Museum Matte
・Polaroid
と、flickr 内での picnik では有料オプションが使えるのです!
上手に使いこなしましょう~。