Adsense

2011年9月27日火曜日

モーション調整中~?

YouTube にあげていた Nostalogic [single edit] の動画のコメントに「モーションどこで手に入るの~」というコメントを複数の方からいただいておりました。

Nostalogic の動画で使われているダンス モーションは MMD (MikuMikuDance) 用に のりさんが作成され公開されたものを、mio を使って一般の bvh ファイルに変換して、esetomo さんが作成された MMDBVHToSLBVH を使ってセカンドライフ用の bvh ファイルにさらに変換、それをセカンドライフにアップロードして、私が作成したダンス スクリプト コントローラーの MLDU にいれて、ダンスをさせて撮影したものでした。

YouTube の動画のほうに、、、のりさんご本人らしき人からのコメントをいただいて小躍りしていたわけですが、だめもとで「モーションのセカンドライフ内での再配布、ご許可頂けますか?」と YouTube の中のメッセージを使ってお願いしたところ・・・・

許可がおりました~ キタ━(゚∀゚)━!!

MMD のモーションをセカンドライフに移植する方法はいろいろと紹介されていますし、YouTubeでも「踊ってみた~」で動画があがっています。モーションによっては「再配布OK」なものもありますが、readme.txt や はじめにお読みください を見ると、再配布禁止しているのも結構あります。のりさんの Nostalogic も再配布は基本禁止だったのです。

●利用条件 (Nostalogic 配布物内の _はじめにお読みください.txt から引用)
(1)振付を考えてくれた Yumiko さんに感謝しましょう。ありがとう Yumiko さん!
(2)個人的に楽しむ目的での利用には、いかなる制限もありません。引用元の表示も不要です。
(3)動画共有サイトに動画ファイルをアップする目的での利用には、いかなる制限もありません。
(4)データそのものの再配布は禁止いたします。配布用サイトからダウンロードしてください。
(9)上記以外の利用方法については個別にお問い合わせください。

なので、(4) で再配布禁止になっていたので、のりさんから OK ですよ~とご返事いただいた時は本当にびっくり&嬉しかったわけです。

で、じゃ、早速配布しちゃえばいいじゃない?と思われるでしょうけど、、、実はモーションの調整をしているんです。

ええ、のりさんが作成された MMD 用のモーションは上述の変換ステップを通しても、ほぼ問題なく動くのです。関節がねじれちゃったり、手足があさっての方向にいくことはほぼない、すばらしいモーションなんです。

でも、、、ほんとうに、ええ、本当にほんの一部だけねじれちゃうところがあったりします。動画内ではカメラアングルとカットでそれが見えないように動画を編集していました。

ねじれるところは、、、そう「肩」です。でも、ほんとうに2~3か所くらいなので修正自体はもう終わっているんです。

正常の肩はこちら。ほどんどはこれです。
MikuOK

1520フレーム付近の肩。この程度であれば変換してもあまり目立ちません。
Miku1520s

3255フレームの左肩。これは修正したほうがいいねじれになっていました。
Miku3255s

せっかく再配布のご許可いただいたのですから、このくらいは修正したいですよね!

で、なんで再配布に時間がかかっているかっていうと、、、、

指なんです。(え~、そこ?って感じですが。。。)

残念ながら、セカンドライフでの「手、指」は非常に悲しいものがあります。ボーン調整での bvh ファイルでは指の動きはつけられず、通常だとモーションファイル アップロード時に指・手の形を指定する、となります。

でも、Nostalogic の動画の中では指、、、やってるんです。
こんな感じ、、、

Nostalo1

Nostalo2

これは、Nostalogic のモーション ファイルの優先順位をアップロード時に 3 にして、指さしだけするモーションや、握るだけのモーションを別に作成して優先順位 4 でアップしておき、タイミングを合わせてモーションの上書きをスクリプトからやっていたのです。。。。

これ、、、動画見て、モーションン手に入れた人は、、、期待しますよね???

そこで、どうしようか、、、悩み中というわけです。解決策(実現策?)はいくつもあるんですけど、なんか、こう、しっくりこなくて。。。

ということで、もうしばらくお待ちくださいませ!

[追加] モーションを Marketplace で公開しました~
http://snumaw.blogspot.com/2011/10/nostalogic-sl.html