Adsense

2014年2月27日木曜日

Bitcoin とセカンドライフを比較してる人を信じてはいけない

などと言い切るのは本意ではないのですが、あまりにひどい ><

共通点は「仮想」という漢字2文字だけ。(もしくは Virtual の1英単語)ものすごく簡単にいうと Bitcoin は「地金」みたいなもの。または金の延べ棒?イメージ的には。
なので、本来通貨でもなんでもないわけ。とういうか、「通貨」だとどこの国も認めてない。金を買い取りますよー、と言っている「業者」が破たん(しそうな)会社が出ているだけで、金そのものの価値は「まだ」ある(かも)と思います。

一方 Secondlife (セカンドライフ)のリンデンドルはリンデンが作った「仮想世界」の中での「通貨」です。Bitcoin と比較しやすい理由は「リアルマネートレード」と言われた、仮想世界の通貨であるリンデンドルを現実の通貨と「交換」できることでしょう。

コンピュータとインターネットの世界で利用されているデジタルの「チケット」みたいなものを現実の貨幣と「トレードできる」という意味では、Bitcoin とリンデンドルは一緒ですが、そもそも「目的」と「使っている場所」が違うと思います。リンデンドルは「仮想世界」の中でさまざまな取引の「潤滑剤」として使われています。でも、話題にはなったけど、リンデンドルを実世界の「貨幣」に変えて実際に「手にしている」人はそれほど多くないんじゃないかと思います。手にしたリンデンドルを使ってレンタルサーバーの支払をリンデンドルでしたり、セカンドライフ内の他の商品やサービスを購入したり。

セカンドライフでの商売とリアルでの商売を比較すると、かけるコスト、アイディア、苦労、、、はほとんどかわらないと思います。普通の人はリアルで仕事、アルバイトしたほうがよっぽど効率いいです。

かたや BitCoin は同じデジタルチケットみたいなものでも、存在自体が「希少価値」という点で金(Gold)です。いや、金投資です。それもまだ法律的に投資者保護されているんだかいないんだか、というまだ不透明な投資なんだから勝っても負けても騙されても文句いえません。言えないはずです。で、言ってますけどw たまたま「金の延べ棒」でコーヒー飲めたり、そんな取扱い店が増えるか、増えないか、、、という状態です。

もう、セカンドライフを好きな人はひっそりと生きる(楽しむ)のでスルーしてください、って感じです。