Adsense

2013年11月27日水曜日

Secondlife から G+ に直接フォトを送信する

意外に知られていないみたいなのと、ちょっと G 様が Picasaweb をリタイアさせようとしているせいで、そのやり方がめんどっちぃのでまとめです。

Secondlife Viewer のスナップショットを直接 G+ に送る方法です。送られた SS は G+ の写真の中の「ドロップ ボックス」というアルバムに投稿されます。そうです。送信用のあなただけの Email アドレスを取得すればいいだけなんです。以下、Email アドレス取得の方法です。

1) Google plus にログインした状態で URL アドレスバーに以下を入力して Enter。

picasaweb.google.com/home

2) G+ の写真に移動しちゃいますが、あわてず以下の「黄色いメッセージ」がでるまで待ちます。メッセージの [ここをクリック] をクリックします。

picasa1

3) picasaweb の画面に行くので、右上の歯車マークをクリックして [設定] を選びます。

picasa2

4) 設定画面の [全般タブ] で [写真のメール送信アドレス] の部分をコピーして控えておきます。控えたら閉じていいです。

picasa3

あとは、ビューワーのSS機能でこのメアドを使って SS を送信します。

picasa4

この時、コピペ次第でメアドの先頭に半角スペースが入っていてエラーになることが何度かありました。エラーになった場合は先頭の半角スペースを確認してください。

G+ の写真の [ドロップ ボックス] アルバムは追加したフォトが後ろにくるので、数が多くなったら、[整理] を使って、[撮影日] [逆に並べ替え] にしてあげる必要があります。これがちょっとめんどくさいですね。なお、どうやらアルバムの上限数は 1,000 のようで、それを超えるとエラーなしで保存されません。ですので、いらない SS は削除、お気に入りは別のアルバムに移動させておくのがいいでしょう。

G+ のフォトや動画の保存の上限は実質ないと考えてよさそうです。SS の場合、長いほうの幅が 2048 px を越えなければ使用容量としてカウントされないようです。動画も 15分未満で 1080p 以下だとカウントされないので、ほぼほぼ現在の使い方なら無制限と考えてよさそうですね。

https://support.google.com/plus/answer/156348?hl=ja

[ドロップ ボックス] アルバムの数だけ注意してください。

あと、アップロードした後でも Web の中だけで編集やレタッチがある程度できますよ。

ご参考になれば~。

Windows 8.1 64bit 版で mio-0.1 を動かす

mioOnw81

ほぼ、1年以上前の投稿の手順で Windows 8.1 でも動きます。

Windows7 64bit 版で mio-0.1 動かしてみる(2012年3月公開)

ただし、一番最後の  PyQt-Py2.6x86-gpl-4.9.1.1.exe が、投稿で紹介しているページからは探しづらいですね。古いバージョンはどんどん奥まっていきますから。
条件は Python 2.6 用の x86(32bit) 用の 4.9 系の PyQt が欲しいので、以下のページから PyQt-Py2.6-x86-gpl-4.9.4-1.exe をダウンロードしました。

http://sourceforge.net/projects/pyqt/files/PyQt4/PyQt-4.9.4/