Adsense

2013年4月30日火曜日

Final Fantasy “Tifa” cosplay in secondlife

Finally Tifa cosplay has been completed.
FF ティファのコスプレが完成しました。撮影場所は FF roleplay の 1st Act SIM.

secondlife-postcard (100)

secondlife-postcard2

8694799888_64541715bc_o

SS @ Fantasy Fair 2013
secondlife-postcard3

SS @ SineWave
secondlife-postcard4

Avatar/Attachment Information
Mesh Head/Face and Skin: Nea Hybrid Avatar by Snow Rabbit (S@R)
Mesh Hair: Swift by TRUTH
Mesh Breasts: TANGO by LOLAS
Mesh Skirt: :Fusion Black Leather Mini Skirt
Sport Bra: Lust Sport Bra and Tango Applier
Boots: :ENNA: Mesh Heavy Boots red
Gloves and Elbow pad: GeekTopia Tifa Costume
Suspender: made by me – rigged mesh

サスペンダーは marketplace などを探しても、さすがに付け乳 (mesh breasts) の LOLAS TANOG があるため、通常品は無理でした。また、Mesh 化が進んでいるため、テクスチャレイヤのサスペンダーだと、どうしても見劣りするようになりました。

League で販売されている通常サスペンダー(ジャケット レイヤー)
リーグsecondlife-postcard

そこで Rigged Mesh でのサスペンダー作成に挑戦しました。といっても UV マップから専用のテクスチャを描いて、、、などはスキル不足の感は否めず、なので、色と光沢だけで質感を変えてみようと思いました。

1) SL の中の Shape サイズを使い、Blender Avastar の ShapeKey で同体型を作成
2) 型紙のようにぺらぺらなサスペンダーを体型に合わせて作成
3) 金具部分とベルト部分は「材質」をわけて別々の材質にする
4) ペラペラなサスペンダーを「Solidify」モディファイアを使って厚みをつける、ベルトの部分は Smooth を適用する
5) Avastar の Weight Copy ツールを使って、サスペンダーに Weight を付ける、さらに Weight ツールで各頂点のウェイトを手作業で調整する
6) Avastar の Collada エクスポーターを使って SL にアップ (色などは無し)
7) アップした mesh を rez して、Edit Link/Select Face オプションで金具部分だけに光沢を入れる
8) 同じく Edit Link/Select Face オプションでベルト部分に色を付ける
9) Take して装着

上を何度か繰り返して、なんとか作成できました。
最初、おなか部分のベルトは頂点数を多くしていたのですが、最終的には頂点を最小数にして、イメージ的には「びよーん」と伸びるようにしました。途中に頂点があるとそのウェイト調整が微妙で上半身がねじれるとガタガタなベルトになったためです。

mesh 作成はいろいろと試して、失敗の経験を積まないとなかなか難しい、、、と実感しました。

なお、トライアンドエラーをするためにもベータグリッドでの作業が必要です。アップロード用 L$ もバカになりません。新しいアイテムのベータグリッド インベントリーへの更新は、通常の SL のアカウントのパスワード変更をすることで、24時間程度でベータグリッド側のインベントリが更新されます。たまっている L$ もリセット(5000くらいあるので十分なのですが)されるので、持っている L$ を保持したい場合は別アカちゃんにいったん L$ を渡すなどの対策が必要です。
お試しください~

2013年4月15日月曜日

Avatar enhancement, implant by mesh body parts

Slink さんから”Avatar enhancement” として mesh で製作された「手」が出ていますが、手のほかにも mesh パーツを使って avatar の改造(?) が結構話題のようです。

Slink Style
http://www.slinkstyle.com/

このようなパーツのことを「インプラント」って表現する場合もあるようですが、Mesh による美しい造形、スクリプトによるサイズ変更が可能な「Mesh breasts」を購入してみました。

LOLAS “Tango” – mesh breasts
http://slurl.com/secondlife/La%20Gomera/152/70/37

この LOLAS Tango に対応したドレスやシャツ、ランジェリー、水着などが各ショップから販売されています。それら対応商品を「アプライヤー(Applier)」と呼ぶのですが、marketplace をのぞくともう相当な数のアプライヤーがあります。

https://marketplace.secondlife.com/ja-JP/products/search?utf8=%E2%9C%93&search%5Bcategory_id%5D=&search%5Bmaturity_level%5D=G&search%5Bkeywords%5D=LOLAS+Tango+applier

アプライヤーを先にみて、もしいいものがあったら Tango を購入、と考えたほうがいいですね。通常のセカンドライフ アバター向けの衣装は着用することができませんから。。。

NeaTangoLevy3

NeaTangoLevy2

NeaTangoLevy1

Mesh Head – Nea Hybrid Avatar by Snow Rabbit
Mesh Breasts – Tango by LOLAS
Mesh Hands – Avatar Enhancement by Slink
Gun Holsters – Sculpted by Ghost Katana
Shirt – Stars Fashion Soo Sexy Outfit v2 – Lolas Tango applier
Hair – Harper by TRUTH

まぁ、でも、skin の色と mesh の色を合わせたり、衣装(特に肩紐など)の接続点を調整するのは根気のいる作業です。。。WindLight の設定などでつなぎ目を目立たなくしたり、上のフォトではガンホルスターを一度 unlink してデコルテ部分のパーツの位置とサイズを変更して、繋ぎ目を隠すようにしたり、、、ということが必要になるかもです。

ただ、Flickr とか見てると、まったくつなぎ目を感じさせない調整をしている人もいるんですよね。フォト レタッチしたのか、インワールドで調整したのかは定かではありませんが・・・LOLAS TANGO 向けの Skin とかもあるので、いろいろな調整方法があるようです。

顔もメッシュ、胸もメッシュ、手もメッシュ、ブーツもメッシュ、衣装もメッシュ、、、まさかこんなにメッシュだからけになろうとはw

ここに「マテリアルビューワー」が加わって、法線マップ、スペキュラ―マップなどが利用可能になると、また、違った世界を見ることができそうですね。

Project Material Viewer
http://wiki.secondlife.com/wiki/Linden_Lab_Official:Alternate_Viewers

Second Life Materials Test – YouTube by Kitsune Shan

Second Life Materials Test – YouTube by Kitsune Shan

2013年4月13日土曜日

Sleeping Nea

Nea – Hybrid Avatar (mesh head) by Snow Rabbit

SleepyNea

SleepingNea

Mesh Head : Nea Hybrid Avatar by Snow Rabbit
http://shirousaginoel.blogspot.jp/
http://slurl.com/secondlife/tricolore/177/205/35

Mesh Hands and Nails : Slink Avatar Enhancement
http://www.slinkstyle.com/
http://slurl.com/secondlife/Sanctum/22/124/22

Hair : TRUTH Juliette
http://truth-hawks.com/
http://slurl.com/secondlife/Truth%20Hair/102/50/26

Photo – Secondlife Official Beta Viewer/light and shadow/DOF/WindLight setting
Retouched – Paint.Net and Plug-Ins

2013年4月6日土曜日