Adsense

2009年5月23日土曜日

[MLDU] MLDU のダンスモード

どこかでちゃんと紹介しなきゃ、しなきゃと思っていながら、なかなか紹介してなかった MLDU の楽しみ方をまとめてみました。

現在 MLDU は MLDU4 になっています。それまでの経緯はこちらなどを参照していただくとして、MLDU はダンス好きによる、ダンス好きのための、ダンスアニメーション制御スクリプト、、、と言い張ってます(笑



特徴は以下になります。

1) 大人数による同期(シンクロ)ダンスが可能

セカンドライフを始めて、最初に「おもしろい!」と思うのがシンクロダンスですよね。3人くらいでのシンクロダンスでも十分に楽しいのですが、クラブオーナーさん(クラブ雷神の LINZOO さん)の要望により、より多くの Avatar のシンクロダンスを実現したい!で生まれたのが MLDU なので、基本機能ともいえます。
MLDU3 の時点で 50 人以上のシンクロダンスの実績がありますが、Avatar のダンスシーンの描画はお使いの PC/Mac の性能に依存するので、性能が低いと大人数のシンクロダンスを楽しむのはちょっとつらいかもしれません。そういう私もほかの人の動画をみて「自分が見ているものより、ちゃんとシンクロしてる!」と驚いたことも(笑

2) 時間差ダンスが可能

これは Studio4D の Live Gears さんからのリクエストで、シンクロするのではなく、ちょっとだけ時間をずらして踊ると面白いよね、ということで MLDU4 で追加した機能です。イメージ的にはZOO/EXILEのチューチュートレイン(笑
MLDU4 では10人までの時間差ダンスを可能にしました。
3人で時間差ダンスをやっているシーンが多くでるのが以下の動画になります。



実はいまインワールドで絶大な人気(と思うのですが)のあのグループも MLDU を使って時間差練習をしてたりします。関係者の方から IM をいただき、はじめて知りました@@ (笑

3) シャッフルダンスが可能


時間差ダンスを応用して最大10人までの Avatar を、1つの MLDU でそれぞれ違うダンスを踊らせることができます。サイクル 10 という設定だと 11人目からは、1人目と11人目、2人目と12人目、、、という法則で同じダンスを踊らせることができます。時間差ダンスと同期ダンスは即時に切り替え可能にしてますので、シャッフルダンスでばらばらに踊っている Avatar が [次のダンス] ボタンやノートカードに記述されたダンス切替タイミングでシンクロダンスに替わる、という操作が可能です。

4) グループダンスが可能


時間差とシャッフルを応用すると、グループ別に違うダンスを踊らせることができます。
6人用 MLDU を例にとると、サイクル 2 を指定することで2つのダンスグループが構成されます。3 人1 グループが 2 つになります。
サイクルを 3 にすると 2 人 1 グループが 3 つできます。
時間差機能によりグループにわけ、そのグループに対してシャッフル機能を使うことで、グループ別に違うダンスを踊らせることができるわけです。シャッフルと同じといえば、、、同じなのですが、30人用でサイクル 2 にしたり、サイクル 3 でグループ分けをすると、シンクロダンスだけ、、、よりフロアにメリハリがついたりします。
と、、、ここで Studio4D さんのブログで MLDU が紹介されていることに気がつきました。
ダンスボールの話しでここまでまとめられたの、、、はじめてみたかも。おもしろいですね。
しっかり最後に MLDU の話しが!ありがとう~。

2009年5月21日木曜日

そうであるように

SL でも活躍されている Lumino-scope さんの曲で PV っぽいのを作ってみました~。
曲の使用は承諾いただいています ^^


Lumino-scope については以下の URL を参照ください~。
http://lumino-scope.com/
ヴォーカルの Nami さんのブログ
http://nakagawanami.blog50.fc2.com/

[追記] あまりにこの情報がプアだったので、ビデオで使ったオブジェクトの情報などを以下に追記しました。(笑

動画の最初のカット / シーンで出てくる赤と白の2本の樹は "new TRAIL" のツリーです。new TRAIL の樹は非現実的ながらも、グロウがとてもきれいなところが気に入っています。結構このショップのツリーを使っている Region があるので目にした方も多いのではないかと思います。
ガス灯はお友達のシュメルツさん、パーティクルはとわさんにつくってもらいました。(ありがとう~)
場所は、、、スカイボックスです。ヒュージプリムの中でセットを作成して撮影しました。
コスモス畑は有名な forest feast で撮影しました。owner の miki さんには事後の承諾をいただきました。
海は、、、どこか^^; ただ、ちょっと Windlight のセッティングを変えたかも。
最後のシーンは冒頭のシーンとおなじくスカイボックス内のセットですが、お花は forest feast のお花を使い、Avatar のポーズも forest feast で販売されているものを使っています。
お月さまは LIFE IS GOOD で販売されていた月を使いました。
Limino-scope さんの「そうであるように」がスローなよい曲なので、動画のカットが少なくて、かつ1カットが長くても見るに耐えられるものになったかもしれません ^^;

2009年5月19日火曜日

llKey2Name でAV存在チェック不可

[追記] あれれ、、、もしかして既知?だったのかな。。。

「踊りながらテレポートしたら MLDU でスクエラでた~」
との報告を昨日いただきました。

え?えええ?@@

そのあたりはかなりテストを重ねたので安心しきっていたのですが、実際に試してみるとたしかにエラーが!
llStart/StopAnimation しようにも Avatar がいない、例のエラーです。

実働には問題なく、MLDU はきちんとスロットをリセットするのですが、スクリプトエラーの、あのマークはいただけません。もう一度スクリプトを見直しても、、、、おかしいところがありません。

考えられるのは、、、llKey2Name のもどり値が "" (null) ではなくて NULL_KEY になったとか、そんな感じ?と思いテストしてみたら、、、

その SIM からいなくなった (テレポートした) Avatar の名前をしばらく返しているではありませんか!!!
だいたい1分近くも。
い・・・いつから??
いずれにせよ、こうなっちゃうと llKey2Name は Avatar の存在チェックでは使えなくなりました。
llGetObjectMass を使うと、SIM から Avatar がいなくなることで、0.0100(微妙・・・) になるのを確認したので今後は llKey2Name に変わり、llGetObjectMass(avatarKey)<0.1 で存在チェックをしたほうがよさそうです。。。

2009年5月1日金曜日

眉毛が! (ReleaseCandidate 1.23)

[追記 2009.5.4] このせいじゃないのですが、1.23RC0 は取り下げ、現在 1.22 RC になっていますね,,, って、Official Blog に 1MB 近くの png ファイル (fireworks_001.png) を貼り付けるのって(それも、、あまり意味ないし)、、、><

今日、ReleaseCandidate 1.23 を何のためらいもなくいれ、しばらく使っていました。
で、、、自分の顔をみてびっくり!!!!

eyebrow1

こ・・・この眉毛は、、、最近ではすっかり見なくなったデフォルト・アバター(通称:和田さん)では!!!???
で、Secondlife releasecandidate 1.23 eyebrow で検索すると、、、

大変なことに!!!

実は眉だけでなく、eyelash(まつげ)もおかしいな、と思っていたのですが、どうやら 1.23 でアバターのレイヤー順序が変わったようで、、、いままで隠れていたデフォルトの眉毛が skin の上になった、、、ということらしいです。
https://jira.secondlife.com/browse/VWR-12962
なにやらものによってはどうあがいてもだめ、、、という場合もあるようなのですが、とりあえず、眉のサイズなどをゼロに変更してみて、、、
pic
でも eyelash はちょっと変、、、
まだ、情報収集できてないのですが、とりあえず「うは~」となったら「容姿」(Appearance) で「髪」(Hair) のタブにある眉を調整してみてください。私の場合はこれでなんとか・・・・